伊勢志摩のPRキャラクター碧志摩メグの今について

2014年に三重県志摩市のPRキャラクターとして採用された海女の女の子のキャラクター、碧志摩メグ。しかし、そのデザインがアニメ的でちょっとセクシーだったことがあり、不適切だとして地元住民の反発が起こって市の公認を撤回される事態となりました。この騒動は当時ニュースでも取り上げられましたので、記憶に新しい方もいらっしゃると思います。この碧志摩メグ、今どうなっているのかといいますと、そのまま消えてしまったわけではなく、伊勢市にある勢乃國屋さんという土産物屋で現在もキャラクターグッズが販売されているということです。勢乃國屋さんのホームページを見てみると、確かに碧志摩メグプリントクッキーなるものが販売されており、インターネットで購入できるみたいです。そして、この碧志摩メグですが、なんとアニメ化のプロジェクトも立ち上がっているとのことです。非公認となった後も地道に活動しているようです。なんか健気で応援したくなりますね。メルライン 通販