花火の夜に思い出して仕舞うとあるワンコの行い

夏季の深夜、遠くでパーンと雑音がすると、なるほど、どこかで花火をあげているのだなあと思います。そして途端、とある犬のことを思い出してしまう。わが家の近所で飼われていたユキ様。とっくに亡くなってしまって数年がたちます。小ぶりな日本犬で、ほとんど雑種でしょうね。出入り口の前にダンボールが置いてあって、そこがユキ様のお一部でした。大雨の太陽も、スノーの太陽も、出入り口の中には入れて貰えず、いつも困ったような面構えで外側を見ていました。番犬として、常時出入り口の保守をしていたのでしょうね。絶えず真面目にお仕事をしていたユキ様ですが、花火のパーンという雑音が大の苦手。それが分かると、門を乗り越えて、脱走してしまう。なんで花火の雑音がそこまで嫌いなのか、飼い主さんも神業がっていました。そういえば、自分の亡くなったおじいさんは花火フェスティバルが嫌いでした。空襲の焼夷弾を思いだすからと言っていました。ユキ様にも、犬なりのトラウマがあったのでしょうか。キレイモ 顔